2021年02月24日

取材はお断りすることにしました I’ve decided not to be interviewed.

日々メディアからの取材依頼が届くようになり、可能な限り伝えたいことを伝えてきましたが、いよいよ仕事にも支障が出てきました。
これ以上の取材を受けるのは困難です。

以下にメディアに伝えたいことを書いておきます。
どうか、「道路族」の問題をこどもへのヘイトや不寛容などといった矮小化歪曲化をせずに、正確に報じていただけますようお願いいたします。
この問題を起こしているのはこどもではなく、大人であることをはっきりと伝えなければならないと考えています。

 

私自身はフリーランスでWEB開発業をおこなっています。
自宅で仕事を12年ほど続けています。
以前住んでいた家の前の道路で、道路遊びが始まり、どんどんとエスカレートしていき、仕事ができる状態ではなくなりました。

そのいきさつは「あなたは本当の道路族を知らないだけかも知れない」にも書いたのでご覧ください。

ネットで道路遊びについて調べてみると、同じように困っている人が大勢いることがわかりました。
その中でこの問題が「道路族」と呼ばれていることも知りました。
自分も含めて次に引っ越すときに、道路族がいる場所は二度と住みたくないし、同じように思っている人が大勢いるならば解決できない場所を共有して、ちょっとでも避けるための材料にしたいと考えたのが作ったきっかけです。

達成したいのは、道路族問題と呼ばれる物そのものの解消です。
立ち小便、タバコのポイ捨て、犬の糞の放置が許されなくなったように、セクハラという言葉が生まれて社会の意識変革が迫られたように、自分は道路族問題は親がこどもにさせたり、或いは親が直接嫌がらせやイジメに及ぶご近所ハラスメントだと考えているので、これも時代とともになくせる紛争だと思っています。
マップがその一助になれればと願ってます。

私は、「こどもが外で遊ぶこと」には何の不満も問題も無いと考えています。
ですが、一部の親たちは、(狭い日本の住宅地内で)毎日何時間も子どもたちを他人の家の前で遊ばせています。
これはときには交通事故にもつながる可能性がある、危険で迷惑な行為です。

ボールの音と振動、強烈な叫び声、家や車が傷つけられて、毎日我慢をしている人が、道路族マップに登録しています。
そして多くの場合、近くには公園があります。
しかしなぜかそうした親たちは、こどもたちを公園には連れて行こうとしません。

中には病院で働いていたり、夜勤の仕事をしていて、日中うるさすぎて眠れないという深刻な悩みを抱えている人もいます。
静かにするように注意をされて、すぐに聞き入れる人は、マップには掲載されません。
人から注意をされても、聞き入れるどころかこどもたちに遊びをエスカレートさせたり、嫌がらせを始める親たちがいます。
こういった人たちを、「道路族」と呼びます。

多くの人は、警察にも、学校にも、役所にも相談をしています。
しかし解決に至るのはごく一部です。

私はこの話を朝日新聞にしました。
しかし、彼らはこの話を「不寛容」という話で矮小化し、海外にも記事を配信しました。

どうか、正確に伝える手伝いをしてください。

よろしくお願い申し上げます。

 

I have been receiving daily requests from the media for interviews, and I have been trying to tell them as much as I can, but it is finally getting to the point where my job is no longer viable.
It is difficult to get any more coverage than this.

Here is what I would like to say to the media.
Please report accurately on the issue of the "DOUROZOKU" without trivialising and distorting it to include hate and intolerance towards children.
I think it is important to make it clear that it is adults, not children, who are causing this problem.

 

I'm a freelance web developer.
I've been working from home for about 12 years.
On the road in front of my old house, a road rage started and escalated to the point where I could no longer work.

You can read more about it in "You just might not know a real DOUROZOKU".

I did some research on the internet about road tripping and found out that there are many people who have the same problem.
I also found out that this problem is called "DOUROZOKU".
When I move next, I don't want to live in a place with a DOUROZOKU ever again, and I wanted to share the places that can't be solved if there are a lot of people who feel the same way, and help people to avoid them a bit.

What we want to achieve is the elimination of the DOUROZOKU problem.
Just as it is no longer acceptable to urinate on the road, litter cigarettes or leave dog faeces in the street, and just as the term "sexual harassment" has been coined to describe a change in social attitudes, I believe that the DOUROZOKU problem is a form of neighbourhood harassment, where parents force their children to do things, or where parents directly harass and bully their children.
We hope that this map will help to do this.

I have no complaints or problems with children playing outside.
However, some parents let their children play in front of other people's houses (in small residential areas in Japan) for hours every day.
This is a dangerous and annoying practice that can sometimes lead to traffic accidents.

The sound and vibration of the ball, the intense shouting, the damage done to houses and cars, the people who put up with it every day, are registered on the Road Tribe Map.
And in many cases, there is a park nearby.
But for some reason, these parents do not want to take their children to the park.

Some of them work in hospitals or on night shifts and have serious problems sleeping because they are too noisy during the day.
People who are warned to be quiet and immediately listen will not be put on the map.
There are parents who, when warned, do not listen but instead start to escalate their play and harass their children.
These people are called "DOUROZOKU".

Many people go to the police, to their school, to the authorities.
However, only a small percentage of cases are resolved.

I told this story to the Asahi Shimbun.
But they trivialised the story with a story about "intolerance" and distributed the story abroad.

Please help us to get it right.

Thank you very much.

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

案内・注意看板 「 ボール遊び禁止 」 30cm×90cm 反射加工なし

新品価格
¥4,620から
(2020/4/7 15:28時点)

私有地につき 立入はご遠慮ください W600mm×H350mm プレート看板 アルミ複合板 注意看板 看板 屋外使用 既製デザイン屋外対候5年以上(※設置環境により期間は異なります。)軽くて丈夫!壁やフェンスなど、どんな場所にも取付可能です。warning-132

新品価格
¥3,980から
(2020/4/7 15:21時点)

(なないろ館)大判 防犯ステッカー 4枚セット A4サイズ セキュリティステッカー 屋内屋外両用 防水素材 防犯カメラ作動中(黄黒)

新品価格
¥1,280から
(2020/4/7 15:30時点)

いじめ封じ・護身術~ただ流すだけで敵が近寄れないサブリミナルモスキート超音波

新品価格
¥5,965から
(2020/4/7 15:23時点)